モモイのFX学習ブログ

一緒にFXを学習していきましょう!

FXの取引には手数料が不要?【初心者向け】

FXの手数料

株取引であれば会社によって手数料が明確に決まっています。
FXの場合だと「手数料無料!」と宣伝されていることもあります。
実際はどうなっているのでしょうか?

結論から言えば、FXにも手数料はあります。
ただし「手数料」という名前では無く「スプレッド」という名前です。
これは買ったときの値段と売ったときの値段に0.3銭の差があるという事です。
この差分がFX会社の取り分になります。

 

f:id:momoi5:20191002202826p:plain

 

「ドル円のスプレッドは0.3銭」と表現されていることが多いです。
「0.3銭」なんて普通の人には馴染みがありませんよね?
「1円」の100分の1が「1銭」です。

 

0.3銭 = 0.003円

 

という事になります。
FXの手数料ってメチャメチャ安いじゃん!と思ったかもしれませんが、これは1通貨の手数料になります。

 

取引の通貨単位は1万通貨からが普通なので、「0.003円 X 10,000通貨 = 30円」となります。

 

つまり、スプレッド0.3銭のFX会社で1万通貨を取引した場合は30円の手数料を支払うことになります。
FXのトレードに慣れてきて、10万通貨の取引をするようになった場合は10倍の300円が手数料になります。100万通貨だと3,000円ですね。

 

これを高いと考えるか、安いと考えるかは個々のトレード次第ですね!