モモイのFX学習ブログ

一緒にFXを学習していきましょう!

FX初心者がエントリーした瞬間に逆行して損切りされる原因

今だ!と思ってエントリーしたらすぐに逆行して損切り、という経験ありますよね?

今回は仕方ないかと思って気持ちを切り替えても、次のエントリーでも、その次のエントリーでも同じことが起こってしまうとトレード自体が嫌になってしまいます。
もちろん私も例外では無く同じ悩みを持っていました。

 

今回はそんな、エントリーしたらすぐに逆行してしまう!ということで悩まれている方のヒントに少しでもなればと思い記事を書きました。

 

少なくとも私は今回の記事内容を意識することで、エントリーしたらすぐに逆行するという事が激減しました。
皆さんにも当てはまることがあるかもしれませんので、お悩みの方は是非ご一読ください。

 

 

 

 

FXでエントリーした瞬間に逆行して損切りされる原因

 

トレンドが伸び切ったところでエントリーしている

「エントリー直後に逆行して、損切りされてから思っていた方向に伸びていった!」という場合は波が伸び切ったところでエントリーしてしまっているかもしれません。

 

トレンド相場では、ジグザグと波を打ちながら上昇、あるいは下降していきます。
つまり、逆行は逆行でもトレンドの押し目や戻り目であることが多いです。

 

f:id:momoi5:20191007091205p:plain

  

すぐ先に壁があることに気付いていない

水平線を引けていなかったり、キリ番への意識が薄かったりすると壁に向かってエントリーしていることがあります。

壁に向かってエントリーしているので、もちろん跳ね返されてしまいます。

 

 

f:id:momoi5:20191007093648p:plain

 

水平線を定期的に引くこと、キリ番にもラインを引いておくことで重要なラインやキリ番をエントリー前に見逃していることが少なくなりました。

 

 

小さな時間足を見すぎている

小さな時間足だけを見続けていると、知らず知らずのうちにトレンドの方向を見失っていることがあります。
その結果、エントリー後に逆行するなんて事も多々ありました。
1分足、5分足だと特にこの傾向が強いです。

 

f:id:momoi5:20191007095120p:plain

 

私の場合はエントリー判断を15分足、1時間足に固定することでトレンドの方向を見失うという事が減りました。

1分足、5分足の小さな時間足はエントリータイミングを計る時以外は利用しなくなりました。

 

エントリーする時間帯が悪い

FXでは値動きが読みづらい時間帯があります。その時間帯の直前にエントリーしてしまうと、逆行に巻き込まれてしまう可能性も高くなります。
私の場合は、以下の時間帯にはエントリーしないルールに変更しました。

 

f:id:momoi5:20191007101901p:plain

重要な指標前

これは当たり前ですが、大きく値段が動く重要な指標前にエントリーすることは控えたほうが良いです。

〜9:00 

東京市場が始まる前は方向感が決まらない場合が多いです。
また、週明けは窓開けからのスタートになる場合もあり、さらに不安定になっています。

 

1時間足の確定前後

トレードに1時間足を利用しているトレーダーは多いです。
そのため、1時間足が確定する直前、確定した直後は大きく値段が動くことがあります。
これに巻き込まれないためにエントリーを控えたほうが無難です。

 

15:00、16:00直前

欧州トレーダーが市場参加してくるタイミングです。
東京時間でのトレンドと逆行する場合が多々あります。

 

0:00(ロンドンフィックス)直前

ロンドン市場が閉まるタイミングなので欧州トレーダーがポジションを手放すことが多くなります。決済注文が集中するので値動きが不安定になります。

 

 

皆さんが見逃していたことなどありましたでしょうか?
少しでもエントリー直後の逆行を防ぐヒントになれば嬉しいです。

 

エントリーしてからずっと含み益!というトレードばかりになると最高ですね。